【高回収率データ組み合わせ】前走馬体重を追加 → 5点馬の単勝回収率は2,270%に!

このブログでは回収率を上げるための方法として「回収率が少しずつ良いデータを組み合わせる」ということを推奨しています。

前回の組み合わせ記事では、性別、馬齢、キャリア、枠番、馬番の5つの要素について評価を組み合わせた場合の合計得点ごとの回収率を確認しました。

性別、馬齢、キャリア、枠番、馬番のすべてが好条件の馬の回収率は?

2017.10.30

今回はこれに前走馬体重を加えた場合の回収率を見てみたいと思います。

まず、おさらいも兼ねて、性別、馬齢、キャリア、枠番、馬番の各項目について評価点ごとの回収率を確認しておきます。

対象データは前回の記事の集計から1か月ずらして「2012年11月~2017年10月の障害レースを除く全レース、単勝2~8番人気のみ」です。

①性別

②馬齢

③キャリア(出走回数)

④枠番

⑤馬番

それぞれどのような加点、減点をしてこのような評価点分けになったかについては各カテゴリの記事をご覧ください。
性別
馬齢
キャリア

枠番
馬番

そして、この前確認した「前走馬体重」の評価点ごとの回収率が以下の通りとなります。

前走馬体重と回収率の関係

2017.11.14

⑥前走馬体重

馬体重についてはなかなか有意義な評価点がつけられたと思っていますが、果たしてこれを上記5つの評価点と足し合わせたらどうなるか。

さっそくですが、上記①~⑥の評価点を合計した点数ごとの回収率は以下の通りとなりました。

前走馬体重の要素を追加したことによって、3点馬、4点馬の絶対数が若干増えました

マイナスの評価についても低い点数の方がやや増加してメリハリがつきました

 

そして今回の対象データの中で一頭だけプラス5点馬がいました。

その1頭は見事に勝利し、その回収率たるや2,270%です!笑

とまぁ、これはたまたまの結果だとしても、このまま組み合わせる要素数を増やしていけばもっと安定しそうですよね。

ただ、組み合わせ項目が1つ増えたくらいではそこまで大きく合計点ごとの分布が変わるわけでもなさそうなので、検証済みの項目が10になったら(あと4つ追加されたら)、また組み合わせて検証してみたいと思います。

そしてそれくらいの項目数を組み合わせられるようになったら、以前にちょっとお伝えした重賞予想記事を作成していこうかと思います。

 

なお、最新記事を遅れることなくご覧になりたい場合は、ぜひメルマガにご登録ください。

読者だけにアクセス権を設定した記事も見れますし、私への質問も今はし放題です。

購読は無料ですし必要なければすぐにメール本文から購読解除できますので、登録しておいて損はないと思いますよ!


最新情報は無料メルマガで

私は競馬で勝つために日々研究を続け、その成果を惜しみなく発信しています。

それらの最新情報を無料で手に入れ続けることで、あなたの馬券収支を大きく改善させてみませんか?

リンク先のページでは競馬で勝ち続けるための方法についても記載していますので、ぜひ一度ご覧ください。


2 件のコメント

  • 私も似たようなことをやって勝っています。
    これにオッズ(人気)分析を加えるとさらに勝ち易くなりますよ。

    たとえば-5点で1番人気の馬は明らかに過剰人気なので他の馬がおいしい。
    逆に3点で8番人気なら過小評価なので人気薄の実力馬。
    滅多にありませんが日に2,3頭、そういう馬がいます(たいてい荒れそうな難しいレース)。

    • 通りすがりさん、コメントありがとうございます。

      人気薄の高得点狙いはよくやっているのですが(というか高得点馬は人気に関わらず自動で購入されるようになっているのですが)、
      「1番人気の得点が低い場合に他の馬を狙う」というのはまだ実現できていないので試してみたいと思っています。

      ただ、今のところ私の得点付けでは1番人気が低いレースでもそれほど他の馬の回収率が高くなっていないので、
      もう少し精査してから実践に移したいと思っています。

      本来であれば、1番人気の期待が低いレースは美味しい馬券が多いはずですもんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    tainosuke

    競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!