【予想結果】2020年7月18日~7月19日 日曜日は好調でした

先週からnoteで新しく2種類のコンテンツの販売を開始しています。

1つ目は「全馬の期待回収率(全レース版)」で、これまでレジまぐのメルマガで月単位のみで販売してきたものを、1日単位で購入できるようにしたものです。

2つ目は「高期待回収率馬と低期待回収率人気馬」で、こちらは文字通り高期待回収率の馬(全人気を対象)と低期待回収率の人気馬(記事作成時点で3番人気以内のみ)について一覧にしたものです。

しばらくはこの「高期待回収率馬と低期待回収率人気馬」を中心に結果振り返りたいと思います。

高期待回収率馬と低期待回収率人気馬

さっさくですが、土日の高期待回収率馬と低期待回収率人気馬の結果を一覧でご紹介します。

高期待回収率馬


土日ともかなり数の高期待値馬がいました。

従来よりも数が増えたのは若干のロジック修正の影響もなくはないですが、たまたまの要素が強いと思います。

むしろ来週以降は2会場開催ということもあって激減するかもしれません…。

 

成績は土曜日がイマイチだった分、日曜日で大きく巻き返せた形となりました。

個人的には高指数の馬ほど高く単勝の金額を張っていることもあって期待回収率120以上の馬にもっと頑張ってほしかった気持ちもありますが、ひとまず結果が出せてよかったです。

低期待回収率人気馬

※集計結果に誤りがあったため訂正・再掲しました(2020/8/4)

土日で着こそ0だったものの2~3着にはかなり入られてしまいました。

ただ、期待回収率は単勝をベースとした指数値となっていますので、主旨に適ったものだと考えています。

成績集計

土日を集計すると以下の通りです。
※低期待回収率馬の集計結果に誤りがあったため、訂正・再掲しました(2020/8/4)

高期待回収率の方は、単複とも回収率は100%越えだったので上々の結果だと思っています。

低期待値の方は単勝はほぼ完全に抑え込めたものの、複勝がやや不満といった形でした。

総合的には満足のいく結果だったと思います。

 

このコンテンツはしばらくは1日300円で販売するので、上記の成績を見て「お買い得!」と思われる方は以下の私のnoteをフォローお願いします!https://note.com/tainosuke_keiba

全馬の期待回収率(メインレース)

続いて、レジまぐで配信しているメインレースの個別記事です。

こちらは期待回収率1位かつ105以上の馬のを推奨馬としていますが、上記の高期待回収率馬と重複するので通算成績のみのご紹介とさせて下さい。
(土日は2レースが対象でうち1レースで1着でした)

以下、レジまぐ画面からの転記です。

なお、こちらでは簡便的に単複馬券を1000円ずつ買い目登録していますが、「メインレースは自分で予想したい」という方の補助的な役割としても十分にご活用いただけると思います。

過去記事はレース終了後には無料公開していますので、詳細は以下のボタンよりレジまぐにてご確認下さい。
(一部非公開のものもありますが、記事作成時に設定を忘れてしまったことによるものです←あとからは訂正できない…)

また、期待回収率が105に届く馬がいない場合には最初から無料公開していますので、記事配信を見逃さないためにも「マイ予想」へ登録されることをお勧めします(予想記事投稿時に通知が届きます)。
購入する!

 

全馬の期待回収率の成績

続いて全レース全馬の期待回収率です。

こちらはレジまぐのメルマガで配信している他、冒頭でお伝えした通り先週よりnoteでも1日単位の販売を開始しています。

期待回収率と実際の回収率

こちらについては年初からの「期待回収率と実際の回収率の対比表」を載せておきますのでご参考にして下さい。

配信した期待回収率を10ずつに区切り、均等買いと等額払い戻し買いの2つのパターンで単勝回収率を集計しています。

(集計期間:2020年1月5日~7月19日)

6月の計算式改良以降徐々に成績が改善してきていますが、引き続き100以上をすべてプラスにできるよう調整を図っていきたいと思います。

 

なお、レジまぐのメルマガについては7月末の読者数を上限値として販売制限をかけます。

長期購読特典に興味がある方はチャンスはあとわずかですので、ご検討はお早めに!
購入する!


そろそろ真剣に競馬で稼いでみませんか?

あなたは今の競馬予想のスタイルに絶対の自信がありますか?もしそうでないならば、競馬で稼ぐ方法について一度真剣に考えでみませんか?

本気でプラス収支を目指すあなたのために、私がこれまで研究してきた成果をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ下のリンク先ページからメルマガに登録して下さい。

「メルマガ登録はちょっと…」という場合も、ページを読むだけでも今後の馬券予想に役立つと思いますので、ぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!