大穴狙いはカモにされるだけ!?

たいのすけ
2020/2/14 最新データに更新し、記事内容を微修正しました

人気馬と穴馬の回収率はどちらが高いと思いますか?

今日は競馬データの基本とも言える単勝人気と回収率の関係についてのお話です。

 

さっそくデータを見てみたいと思いますが、2015年2月10日~2020年2月9日の単勝人気別の成績は以下の通りとなっています。

1番人気の勝率は30%強で複勝率は65%弱といった情報はよく言われる話なので目にしたことがあるかもしれません。

ただ、今回注目してほしいのは回収率です。

単勝、複勝とも13番人気以降の回収率が著しく悪いのがおかわりになると思います。

13番人気以降は人気が1つ落ちるにしたがって回収率も著しくなっていますよね。

つまり、13番人気以降となるような著しい人気薄を買うことは、それだけでハンデを背負っていることになりますので、まずはそこをご認識下さい。

 

「そんな人気薄馬の単勝なんて買わないよ」というようなセリフも聞こえてきそうですが、これは何も単勝馬券に限りません。

複勝回収率も同様に13番人気以降は悪化していきますので、馬連、ワイド、3連複の相手馬としてもふさわしくはないということになります。

「軸が当たってヒモが来ないと悔しいから、馬連は総流しする」というような安直な判断は負けに直結すると考えて下さい。

 

もちろんきちんとデータ等の裏付けがあって「それでもこの馬は狙う」というならアリですが、回収率を10%以上も上げるのは容易ではないとお考え下さい。

 

次回はこの単勝人気順成績をもとに「データ分析の対象にすへき馬」について考えてみたいと思います。

【次の記事】

全馬の単勝を買うと回収率は73%!!80%にならないのはなぜ!?

2017年9月7日

そろそろ真剣に競馬で稼いでみませんか?

あなたは今の競馬予想のスタイルに絶対の自信がありますか?もしそうでないならば、競馬で稼ぐ方法について一度真剣に考えでみませんか?

本気でプラス収支を目指すあなたのために、私がこれまで研究してきた成果をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ下のリンク先ページからメルマガに登録して下さい。

「メルマガ登録はちょっと…」という場合も、ページを読むだけでも今後の馬券予想に役立つと思いますので、ぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!