【レジまぐ結果】2022年2月 高期待回収率馬の単勝以外はパッとせず

2月の成績

2月のレジまぐ配信の期待回収率の結果です。

以下の表は配信した期待回収率を10ずつに区切り、均等買いと等額払い戻し買いの2つのパターンについて実際の回収率を集計したものです。

1.単勝


2.複勝

均等払い戻し買いの単勝では、期待回収率90以上の馬がそれなりに頑張ってくれました。110台の馬の回収率がまた異様に低くなってしまっているのが気がかりですが…。

ただ、均等買いや複勝の成績が芳しくないので、総じてあまり貢献できなかったものと思います。すみませんでした。

また、低期待回収率の馬は全般的に低い回収率に抑えられてはいるものの、単勝5万馬券を演出した1頭を期待回収率49と低評価していたために、50未満の回収率が飛びぬけてよい見栄えになってしまったのが残念です。

2020年6月以降の成績

計算式を大幅に変えた昨年6月以降の累計成績です。

1.単勝

2.複勝

こちらは大きな変化はありませんが、年内に予定している廃刊(詳細時期未定)までに少しでも成績を引き上げられるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!