【レジまぐ予想結果】2020年2月22日~23日 フェブラリーSなど

2020年2月22日~23日のレジまぐ予想の結果です。

全馬の期待回収率、お見せします!(メインレース)

まずはメインレースのみを個別記事として配信しているこちらのコンテンツから。

2月22日(土)は2レース、23(日)は1レースが馬券購入対象レースでした。

帆柱山特別

まずは2月22日の小倉11R、帆柱山特別から。

このレースの期待回収率1位は12番のケイアイサクソニーでした。

道中は先行して手応えも悪くなさそうでしたが、4コーナーも回る際に大きく膨らむ形に。

直線は頑張っていましたがこのロスが響き、結果は4着となりました。

掲示板は期待回収率上位馬が占めていただけに予想結果としては残念な形となりました。

京都牝馬S

続いて東京11R、京都牝馬Sです。

期待回収率1位は穴馬のアマルフィコーストでした。

道中2番手追走で4コーナーではいったん順位を下げましたが、直線では鋭い末脚を見せて再度猛追。

しかし惜しくも3着馬にはハナ差届かず4着となりました。

このレースも2着のプールヴィルを除いて期待回収率上位馬が着順上位を占めていただけに、またしても一歩及ばずの悔しい結果となりました。

フェブラリーS

続いて23日、東京11RのGⅠフェブラリーSです。

期待回収率1位は5番のインティでした。

個人的には「逃げてどれだけ粘れるか」という形を期待しましたが(計算式がその形を想定していたかはわかりませんが)、結果は無理に逃げずに控えて先行する形に。

そして直線では特に伸びも粘りも見せることなく、見せ場なく沈んでいきました。

逃げていたら勝てたかどうかなどもちろんわかりませんが、「逃げを期待されているのに逃げない」という馬は期待値が大きく下がってしまいますので、このような馬を低く評価するようなロジックの追加を感じさせられた一戦でした。

購入推奨馬成績

過去1ヶ月の購入推奨馬の成績と、今年の推奨買い目の累計成績です。

購入推奨馬履歴(1/25~2/23)

2020年累計成績

今週は3レース予想してすべて馬券圏外でしたので、また結果を悪化させてしまいました。

期待回収率上位馬が着順上位に来ることも多いので、計算式に微修正を続けて推奨馬の成績を上げていきたいと思います。

 

購入する!

全馬の期待回収率、お見せします!(全レース)

続いて全レースを対象としたメルマガです。

買い目登録馬結果

全レース版では期待回収率120以上の馬の単勝を100円ずつ買い目登録しています。

今週の結果

 

2020年累計成績

この土日も期待回収率120以上馬のうち勝ったのは人気馬のみ。

そのためベタ買いの回収率はかなり厳しい状況になっています。

そろそろ一発、人気薄馬の1着に期待したいところなのですが。

期待回収率と実際の回収率

配信した期待回収率を10ずつに区切り、均等買いと等額払い戻し買いの2つのパターンで回収率を集計しています。

(集計期間:2020年1月5日~2月23日)

均等払い戻し買いを見ていただくと、概ね期待回収率が低い馬の回収率は低く、高い馬の回収率は高く評価できているものの、90以上の成績評価の精度が低いことがわかると思います。

そのため現在、プラス評価をしている項目について見直しを行い、少しずつ修正しています。

高期待回収率馬の不調により多くの利用者にご迷惑をおかけしていますが、少しでも精度を高められるよう努力を続けて行きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

全レース版のメルマガに興味がある方はこちらからどうぞ。
購入する!


そろそろ真剣に競馬で稼いでみませんか?

あなたは今の競馬予想のスタイルに絶対の自信がありますか?もしそうでないならば、競馬で稼ぐ方法について一度真剣に考えでみませんか?

本気でプラス収支を目指すあなたのために、私がこれまで研究してきた成果をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ下のリンク先ページからメルマガに登録して下さい。

「メルマガ登録はちょっと…」という場合も、ページを読むだけでも今後の馬券予想に役立つと思いますので、ぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!