【レジまぐ予想結果】2020年2月1日~2日 根岸Sなど

2020年2月1日~2日のレジまぐ予想の結果です。

全馬の期待回収率、お見せします!(メインレース)

まずはメインレースのみを個別記事として配信しているこちらのコンテンツから。

2月1日(土)は1レース、2日(日)は3レースが馬券購入対象レースでした。

舞鶴ステークス

まずは2月1日の京都11R、舞鶴ステークスから。

期待回収率1位は13番のクイックファイアでした。

先行して直線に向くまでは良い流れでしたが、粘り切れずに4着。

勝ったマグナレガーロに負けたのは実力的にも仕方ないですが、複勝圏内には入れそうな流れだっただけに残念です。

周防灘特別

続いて2日の小倉11R、周防灘特別です。

このレースの期待回収率1位はパワーティウムでしたが、見せ場はほとんどなく惨敗。

レース自体は単勝77.4倍、馬連52,950円の大荒れとなりました。

シルクロードステークス

続いて京都11RのGⅢシルクロードSです。

期待回収率1位は106のモズスーパーフレアで、数値も134と高かったのでかなり期待していました。

モズスーパーフレアは好スタートから逃げを決めそのまま直線まで先頭をキープ、勝ったかと思う流れでしたが、外差しが届く京都の馬場傾向もあり3頭に差されてしまう結果となりました。

根岸ステークス

最後に東京11R、GⅢ根岸ステークスです。

期待回収率1位は断トツ人気のコパノキッキングでした。

内枠で揉まれる心配もありましたが、好スタートから先団に取り付く積極的な競馬を見せ、直線での手ごたえも十分でしたが、モズアスコットの強襲が決まってしまい残念ながら2着。

久々のメインレース的中は複勝130円と何とも切ない結果となりました。

購入推奨馬成績

これまでの成績です。

購入推奨馬履歴

2020年累計成績

完全に低調な波に入ってしまいました。

いずれはプラスに収束すると信じているとはいえ、さすがにこの成績の状態で有料配信するのは忍びありません。

よってこのメインレース版に関しては累積回収率が80%を超えるまでは無料で配信したいと思います。

「100%超えを閾値にするべきでは?」と思われるかもしれませんが、ここから80%を超えるにあたってはその間の回収率は100%を超えている可能性も高いと思いますし、私の期待回収率の価値は評価1位馬以外にもあると思っていますので、いったんは80%を閾値とさせて下さい。

 

購入する!

全馬の期待回収率、お見せします!(全レース)

続いて全レースを対象としたメルマガです。

買い目登録馬結果

全レース版では期待回収率120以上の馬の単勝を100円ずつ買い目登録しています。

今週の結果

期待回収率120以上の馬は土日で6頭いました。

オッズ的にも勝利を狙えそうな馬が多く期待していたのですが、残念ながら勝利馬なし。

こちらも厳しい結果となりました。

2020年累計成績

今週の結果を受けて累計回収率はさらに下がってしまいました。

期待回収率と実際の回収率

配信した期待回収率を10ずつに区切り、均等買いと等額払い戻し買いの2つのパターンで回収率を集計しています。

(集計期間:2020年1月5日~2月2日)

期待回収率が低い馬の成績は低位で安定してきているのですが、上位馬の成績が安定しません。

期待回収率100以上の成績が、等額払い戻しの方でもっと上向いてくれると良いのですが、しばらく改善が見込めないようであれば指数計算方法の大幅見直しも検討します。

全レース版のメルマガに興味がある方はこちらからどうぞ。
購入する!


そろそろ真剣に競馬で稼いでみませんか?

あなたは今の競馬予想のスタイルに絶対の自信がありますか?もしそうでないならば、競馬で稼ぐ方法について一度真剣に考えでみませんか?

本気でプラス収支を目指すあなたのために、私がこれまで研究してきた成果をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ下のリンク先ページからメルマガに登録して下さい。

「メルマガ登録はちょっと…」という場合も、ページを読むだけでも今後の馬券予想に役立つと思いますので、ぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!