馬体重は重い方が回収率が良い!軽い馬は勝ちにくい!!

今回は馬体重と回収率の関係について見てみます。

人間界でも、スポーツなどでは体が大きい方が有利な競技が多いと思います。

バスケットボール、バレーボールなどは身長の高さがそのまま有利になる競技ですし、アメフト、ラグビー、格闘技など直接体がぶつかり合う競技においては基本的には体重が重い方が有利です。

そこまでわかりやすくなくても、陸上、水泳、サッカー、野球、テニスなど、小さいよりは大きい方が有利であるという競技がほとんどだと思います。

 

そう考えると競馬においても同様に馬体が大きくて重い方が有利だとは考えられないでしょうか

馬同士の身体がぶつかりあうことなどはしょっちゅうなので重い方が有利でしょうし、スタミナや体力も身体が大きい馬の方が優っているのではないかと推測できます。

 

このような推測が立てば、あとは実際のデータを調べるだけです。

そこで今回は馬体重と回収率の関係について見ていきたいと思います。

さっそく馬体重ごとの成績を調べてみると、以下のような結果となりました。

(対象:2012年11月~2017年10月の障害レースを除く全レース、単勝2~8番人気のみ)

この結果を見ると馬体重が重い馬の方が軽い馬よりも勝率、単勝回収率ともに高い傾向があることがわかります

このうち勝率が高いというのは事前の推測通りなのですが、さらに単勝回収率が高いということは「馬体重が重い方が有利」という事実はまだオッズには完全に織り込まれてはいないことになります

すなわち、多くの競馬ファンは「馬体重は重い方が勝ちやすい」という事実を予想に反映しきれていないわけです。

上の結果は単勝2~8番人気とそれなりに票を集めた馬の結果ですから、いかに馬体重という要素が軽視されているかがわかります。

ただ、新聞やブログのレース予想を見ていても「この馬は馬体重が重いから軸にする」とか「この馬は馬体重が軽いから切る」というような記述はあまり見たことはありませんので、確かに馬体重はあまり重視されていないと言われればそれも納得いきます。

 

さて、それでは上の結果をどのように馬券予想に利用するか。

私は「単勝回収率85%以上のデータをプラス評価、単勝回収率75%未満のデータをマイナス評価」していますので、それに当てはめて考えてみます。

 

まず、上の表では馬体重が440kg以下の馬は、どの範囲でも回収率が75%を超えていません

よって「馬体重440kg以下はマイナス評価」というルールを1つ設けられそうです。

 

次に511kg以上の馬については、回収率が80%を割るところがあったりして成績はまばらですが、総じて回収率は高そうです。

よって「馬体重511kg以上はプラス評価」というルールも作ることができそうです。

 

では、実際に440kg以下と511kg以上をまとめて成績を見てみましょう。

(対象:2012年11月~2017年10月の障害レースを除く全レース、単勝2~8番人気のみ)

 

マイナス評価については当然の結果ですが、プラス評価についても何とか85%をギリギリ超えました。

よってこのままルールに採用しても良いのですが、次回はもう少し細かく見てみたいと思います。

 

【次の記事】

芝とダートに分けて馬体重ごとの回収率を確認してみると…

2017.11.08

最新情報は無料メルマガで

私は競馬で勝つために日々研究を続け、その成果を惜しみなく発信しています。

それらの最新情報を無料で手に入れ続けることで、あなたの馬券収支を大きく改善させてみませんか?

リンク先のページでは競馬で勝ち続けるための方法についても記載していますので、ぜひ一度ご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!