【レジまぐ予想結果】2020年5月16日~5月17日 京王杯スプリングC など

2020年5月16日~5月17日のレジまぐ予想の結果です。

なお、改良中の指数値にて予想を公開しているnoteとは別のもの(従来通りの方法で計算したもの)です。

全馬の期待回収率、お見せします!(メインレース)

まずはメインレースのみを個別記事として配信しているこちらのコンテンツから。

5月16日(土)、17日(日)ともメイン3レースすべてが購入推奨レースでした。
(新潟以外は無料公開でした)

5/16 新潟11R パールステークス

期待回収率1位のアンドラステが1着。

推奨の単複は的中ですが、2着・3着には期待回収率が低い馬が入ってきたため、他の券種での的中は難しかったと思います。

5/16 京都11R 都大路ステークス

期待回収率1位のサトノアーサーは3着。

推奨買い目は複勝が的中ですが、単勝と合わせるとトリガミな上、1・2着には期待回収率が低い馬が入ってしまったため、実質的には負け予想でした。

5/16 東京11R 京王杯スプリングC

期待回収率1位のダノンスマッシュが1着。

2~3着も期待回収率3位→2位で決まり、このレースはどのような券種で買われた方もゲットできたのではないかと思います。

5/17 新潟11R 八海山ステークス

期待回収率1位のエルモンストロは1着。

2・3着の期待回収率が70・69では、単複以外の券種で狙うのは厳しかったと思います。

5/17 京都11R 栗東ステークス

期待回収率1位のサクセスエナジーは1着。

3着に期待回収率2位のファッショニスタが入ったため、ワイドまで拾えた方もいるかもしれませんね。

5/17東京11R ヴィクトリアマイル

期待回収率1位のアーモンドアイは1着。

単勝1.4倍ほど人気する馬が期待回収率100%を超えることは珍しいのですが、その期待に応えてくれました。

購入推奨馬成績

過去1ヶ月の購入推奨馬の成績と、今年の推奨買い目の累計成績です。

購入推奨馬履歴(4/19~5/17)

2020年累計成績

土日は6レース推奨して、推奨馬の成績は(5,0,1,0)という驚異的な成績。

単勝1番人気が多かったのは事実ですが、それでも6戦5勝で複勝率100%は我ながら快挙です。

通算回収率も110%を超えてきました。

メインレースの推奨馬の単複均等買いだけで回収率110%超えってなかなか凄いと思いませんか?

と、このコンテンツは注目度も低く誰も褒めてくれないので自分で持ち上げておきます。笑

 

なお、約半数の馬の期待回収率は無料部分で公開していますので、興味がある方は「マイ予想」へ登録されることをお勧めします(予想記事投稿時に通知が届きます)。

購入する!

全馬の期待回収率、お見せします!(全レース)

続いて全レースを対象としたメルマガです。

買い目登録馬結果

全レース版では期待回収率120以上の馬の単勝を100円ずつ買い目登録しています。

今週の結果

2020年累計成績

今週は10頭の該当馬がいて2頭が1着、払戻920円とほぼトントンでした。

ただし、この2頭以外で馬券に絡んだのは1頭と、やはり精度の低さが気になりますね。

期待回収率と実際の回収率

配信した期待回収率を10ずつに区切り、均等買いと等額払い戻し買いの2つのパターンで単勝回収率を集計しています。

(集計期間:2020年1月5日~5月17日)

著変はありません。

引き続き指数の改良に励みます。

 

全レース版のメルマガに興味がある方はこちらからどうぞ。
購入する!


そろそろ真剣に競馬で稼いでみませんか?

あなたは今の競馬予想のスタイルに絶対の自信がありますか?もしそうでないならば、競馬で稼ぐ方法について一度真剣に考えでみませんか?

本気でプラス収支を目指すあなたのために、私がこれまで研究してきた成果をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ下のリンク先ページからメルマガに登録して下さい。

「メルマガ登録はちょっと…」という場合も、ページを読むだけでも今後の馬券予想に役立つと思いますので、ぜひご一読下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

tainosuke

競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!