芝とダートでは昇級馬の成績がまったく異なる

昇級、降級といったクラス変動に関する検証の続きです。

前回の記事ではクラス変動と回収率の関係を見ましたが、同じグラスでの出走する馬と比べて昇級・降級とも回収率は若干落ちるものの、マイナス評価とするような水準ではありませんでした。

クラス変動と回収率の関係

2017.11.24

そこで、今回はもう少しデータを分解して有意なデータが見つけ出せないか調べてみたいと思います。

まずはいつものように芝とダートに分けて回収率を調べてみます。

クラス変動とトラックの種類(芝・ダート)は一見関係なさそうに見えますが、芝とダートでは各クラスにおけるレース数が違うなどやはり無視できない側面がありますからね。

ということで、さっそく結果を見てみましょう。

(2012年11月~2017年10月の障害レースを除く全レース、単勝2~8番人気のみ)

①芝

②ダート

さて、結果は上記のように昇級戦において大きな差となって現れました。

芝では昇級戦の単勝回収率が85%を超えるのに対し、ダートでは昇級戦の単勝回収率が70%を割ります。

私は単勝回収率85%以上の馬をプラス評価、75%未満をマイナス評価をしているので、このまま結果を採用するならば、芝の昇級はプラス評価、ダートの昇級はマイナス評価となります。

ただ、芝の昇級については単勝回収率が85%をギリギリ超えただけであり、また複勝回収率には特に有意性が見られないことから、現時点ではプラスの評価をするのは見送りたいと思います

よって、今回の検証で出せる結論は「ダートの昇級戦は、回収率が明らかに劣る」という点のみになります。

 

なぜダートの昇級戦は厳しい成績となるかについては完全な推測になりますが、芝ではスピードの素養さえあればトントン拍子で連勝することができるのに対して、ダートはスタミナ、立ち回り方、砂への慣れなど、場数を踏んで強くなっていく傾向が強いからなのではないかと考えています。

 

さて、ではダートの昇級以外の部分について評価はどうするか。

次回はここからさらに、クラス別に回収率を見てみたいと思います。

例えば「前走がGIで今走がGⅡ」という降級と「前走が1000万下で今走が500万下」という降級では意味合いが全然違うと思いますので。

 

【次の記事】

クラス変動の影響を今走クラス別に分けて考える

2017.12.09

最新情報は無料メルマガで

私は競馬で勝つために日々研究を続け、その成果を惜しみなく発信しています。

それらの最新情報を無料で手に入れ続けることで、あなたの馬券収支を大きく改善させてみませんか?

リンク先のページでは競馬で勝ち続けるための方法についても記載していますので、ぜひ一度ご覧ください。


2 件のコメント

  • はじめまして。

    私もたいのすけさんと同じような分析をしているのですが、なかなか良い予想の切り口が見つからずに困っていました。たいのすけさんの説明を読んでかなり納得できました。

    また、同じようなデータ分析をしているにも関わらず発想の違いやデータの取り方に対する真剣さが伝わってきて、自分のデータ分析がレベルが低くて少し恥ずかしい気持ちになりました。

    たいのすけさんのデータを見るのと同時に私ももっと研究を進めようと思いました。

    自分の励みにもなるのでこれからもブログとメルマガを読ませて頂きます。

    • さかいさん、嬉しいコメントありがとうございます!

      はい、お金がかかっているのでデータ取りは真剣です。笑
      でも、私も書籍やネットなど色々な情報からヒントを得ながら進めているので、自分の力が優れているわけではありません!

      むしろさかいさんのデータ分析の方法が気になります。
      きっと私にも参考になる部分があるはずですので、何か良い切り口が見つかったらぜひ教えてください!

      お互い良い情報は分け合いつつ、切磋琢磨していきましょう^^
      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    tainosuke

    競馬歴20年のたいのすけです。 逃げ馬の研究をきっかけにここ数年は「競馬で勝つ」ことを追求し、分析と実践を繰り返しています。 徐々に成績は向上してきていますが、目標とする「完全自動投票でお金が勝手に増えていく」という状態にはまだ達していません。 なるべく多くの情報を発信して、それを受け取った方々から反対に情報をいただく、というのが現在のスタイルです。 ぜひ情報交換していきましょう!